〜〜セルフヘルプグループ「アロー」の活動の内容と現状〜〜

機能不全家族とは・・・
子どもが子供らしく育つことが許されなかった家族


AC=アダルトチルドレン・・・
機能不全家族で育った子どもたちが心に何らかの傷を負い、その傷が原因で大人になっても生き辛さを感じる人たち


ACからの回復(ワンダーチャイルド=本来の自己に気づき取り戻す)プロセス(3段階)

1.ACの自覚
  自身の過去と生き辛さに向き合う覚悟
  自分次第で変われることを望むこと

2.嘆きの仕事
  安全な場所で安心できる人の中で感情を感じ取り、再体験する
  (人は感じたものを表現したい欲求があります。
   恐い,つらい、不安だ などの忘れた感情や閉じ込めた感情を吐   き出す作業→白紙に戻す=よどみの中の泥をすくい去りきれいな   水に入れ替える作業)

3.人との関係の再構築

  認め、許してあげる
  (自分が悪いからこうなったと責めるのではなく、これまで生き抜   いてがんばってきた自分を褒めて認めてあげる)
  新しく生きるスキル(コミュニケーション)を身につけてゆく

「アロー」では、主に、2.の嘆く作業と、上がったり下がったりの下がった時を分かち合うことを中心に、同じように悩む人と出会い、メンバーの悩みを聴いたり、自分について話してみることをします。
何よりも楽〜でいられことを重要に考えてます。
メンバーの要望があれば、勉強会もおこなっています。


過去に受けた心の傷(トラウマ)を心の奥深くに閉じ込めていたり、秘密にしておくと、いつまでたっても傷ついた時と同じ状態、凍りついたままになってしまいます。
心の傷を理解してくれる安全な場所で、何度も繰り返し話していくうちに、だんだんと心が緩み、自分で受け止められるようになります。回復には、3〜5年かかるかもしれません。その間、行ったり来たり、上がったり下がったりだと思います。
今日、今の自分を見つけられればそれで良い。一つ良いことがみつけられればそれで良い。と考え、焦る必要はないです。
繰り返し話すこと自体が、癒しにつながることを知ってください。
インナーチャイルド(自分の中の満たされなかった子どもの部分)を裁いたりジャッジしたりせず、ありののまま、そのままを受け止めてあげるようにしましょう。

セルフヘルプグループ「アロー」を公開、メンバーを募集し、人が集まりだしてから10年目となります。
現状は、多い時で6,7人程。
1人でも参加したい人がいれば、開催します。
したがって、はやし と2人だけの時もあります。
誰も参加しない時は開催しませんので、前日までに連絡を下さいとお伝えしております。
常に開催出来るくらいメンバーがそろえばいいなぁ と随時募集中です。 
お気軽にお問合わせ下さい。

今日までに350回、開催しております。
2020/7/1

特定の依存症について・・・
ギャンブル、薬物、アルコール、摂食などはACの要素はあるだろうが、必ずしもACとは限らない。
(その時の心に空虚感があったと思われるが、子どもの頃か、大人になってからかは個人によって特定できない)

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 2010 カウンセリングルーム「フロー」 All Rights Reserved